カテゴリ:ラジコン( 104 )

世界戦に出て思ったこと1

とにかく楽しまないとダメ!!!

んで、自分から楽しいように持っていかないとダメ!!!

取り敢えずはそんな感じです。
[PR]
by super_okawari | 2007-10-01 08:32 | ラジコン

世界戦ネタ9 ~裏話2~

X-6

それは今回の世界戦で最も注目された2WDマシンであった。

それは原&Travisという世界を狙えるレーサーが使用するからである。

が、結果使用したのはTRFのメンバーだけという状況・・・。

なぜ使わなかったのかをTravisに聞いてみた。

返ってきた答えは

「Too Loose!!!!!!!!!」

ってオィ・・・。

どうやら御両人とも予選~決勝は全く使わなかったようだ・・・。

あぁ、チャズカーよ永遠に・・・。
[PR]
by super_okawari | 2007-09-21 15:03 | ラジコン

世界戦ネタ8 裏話1

4駆はXXX4で出場したB・フィッシャー君について

彼はF大径プーリー+Fワンウェイというスーパーハンドリング仕様なセットの上に、
予選日はFワンウェイ左右破損により殆ど2駆で走っていた模様です・・・。

決勝日の朝にイソイソとFワンウェイを交換していたのがお茶目でした。

んでBメインかよ・・・。
やっぱすげぇ。。。
[PR]
by super_okawari | 2007-09-21 08:23 | ラジコン

世界戦ネタ7 

さてさて、この度の世界戦ではJCの新製品を色々と使わせてもらったので
レポしたいと思います。

まずはB4用のNEWボディ。'Hi-Flow' と呼ばれるものです。
f0052344_1425081.jpg

f0052344_1431852.jpg

f0052344_14272036.jpg


まずは特徴から、

1、サイドポンツーン再前部が盛り上がるような造形になっている。
2、フロントウインドウ下部が少しえぐれている。
3、キャビン前部が細身になり、後部と段違いになっている。

といったところでしょうか。

特性的には非常にクイックだと聞いていたのですが、実際はScooplessよりも安定
感が高いと思いました。Scooplessの唐突な感じが無くなったような印象です。
と、70位台の私が書いて見ました・・・(汗)



次に6インチVウイング
f0052344_143019100.jpg

たしか、6.3インチと言っていたような気が・・・?
大きいウイングが苦手な私にはとても良い印象を受けました。
特に、従来の6インチでは軽いが7インチでは重い・・・というような感じの時に
(今回は4駆)良かったように思います。事前練習では4駆は軽い目のウイング
が好印象だったので、迷わず使用しました。



次にBJ4WE/B44用のNEWボディ。
f0052344_14242376.jpg

f0052344_14275690.jpg

f0052344_14141517.jpg

これはブラシレス対応ボディと言った方が良いでしょうか?
従来のBJ4WEのボディでは、モーター前にブラシレスアンプ
(LRP スフィアTCスペック)を搭載した場合、ファンがボディに当ってしまい
ボディが浮いてしまいました。
それに、ボディとのクリアランスが無いと放熱性にも問題があると思われます。
そこで、サイドポンツーン部を高くしたNEWボディが登場したということです。
その他、キャビンも高さを抑え細めになっており、スマートな印象です。
特性的にはそんなに変わらないとは思います(たぶん・・・)。



次にホイルです。まずは写真から
f0052344_14211948.jpg

f0052344_14215823.jpg

f0052344_14221296.jpg

まずは外観的にスポークという部分に目を奪われますが、現役ドライバーらしい
設計になっています。

写真2枚目を見ると、フロントホイルの六角穴が従来より少し深くなっているのが解
るでしょうか?これはB44に採用されたハブが厚くなっているので、それに対応させ
たようです。つまり、BJ4に使用する場合はB44の六角ハブを使わなければなりま
せん。でも、厚みが増えた事で耐久性が上がり、従来のように舐める確立が減ると
思われます。

そして、リアホイルはピン溝が十字に切られています。
以前は舐めてしまうと「アチャ~・・・」と言って諦めざるを得ませんでしたが、
このホイルはもう1度チャンスをくれます。なんと親切なんでしょう~。

写真にはありませんが、B4用のFホイルも勿論あります。
プロラインのホイルに比べて可変キャンバー具合が減っています。
精度はJCの法が上かな~?って感じです。

実はまだネタはあるのですが、それはまた今度に・・・。
[PR]
by super_okawari | 2007-09-21 08:22 | ラジコン

世界戦ネタ6 ~番外編~

この男 凶暴かつ超ワガママにつき要注意!!!!
f0052344_1153786.jpg


まぁ、帰宅後ありがとうってメールが来ましたが(笑)
[PR]
by super_okawari | 2007-09-21 00:35 | ラジコン

世界戦ネタ5 ~有名人編2~

つづき~。

なんだか物静かでちょっとぼ~っとしていたSurikarn
「調子はどう?」と聞くと、ふにゃっと笑って終わりでした。ある意味謎の人物です。
f0052344_1119193.jpg



マシンといっても、PCしか触っていなかった M・Truhe
ちなみに、彼に日本茶を試飲してもらったが、返ってきた答えは
「もっと甘いのがイイよぉ・・・。」との事。
SHINZO選手曰く、両手にハンバーガーを持たせたい人No,1だそうな(笑)
ちなみに24歳とかなり若いです。
f0052344_1121290.jpg



前2WDワールドチャンピオン N・Cragg
ラジコンよりパソコンって感じでした(笑)
f0052344_1122412.jpg



とても親切でやっぱりあのメガネを掛けていた J・Lautenbach
f0052344_1142330.jpg

[PR]
by super_okawari | 2007-09-21 00:30 | ラジコン

世界戦ネタ4 ~有名人編1~

ここでは有名人のお写真を。

何と言っても強かったNEWワールドチャンピオン J・TEBO
終始物静かでしたが、質問や要望にはちゃーんと答えてくれます。
f0052344_11442811.jpg



キレた走りのR・Maifield
女の子大好きな年頃です(笑)
f0052344_1144468.jpg



2度のワールドチャンピオンR・Cavalieri
試しにセットを聞いてみると「パパが知ってるよ~!!!」との事でした。
f0052344_11451018.jpg



今回大変お世話になったJCONSEPTSのCEO J・Rouna
彼もナカナカの偏食家です。彼のリュックの中にはいつもカップヌードルが。。。
ちなみに、彼は常にモデル歩きです(笑)
f0052344_11453097.jpg



見事4WDクラスでAメインに入ったベテラン R・Hohwart
f0052344_11454552.jpg

[PR]
by super_okawari | 2007-09-21 00:28 | ラジコン

世界戦ネタ3 ~ある意味注目のマシン~

さて、国産勢として一番頂点に近かったはずのMR4BXですが、
走っている姿を見る限り、「Aメインによく2台残ったなぁ・・・。」
という印象です。

今回、大幅な変更を施されて持ち込まれたBXですが、見ているだけでも操縦が
難しそうでした。その大きな要因というのがマシンの跳ねです。

一里野のコース上には大小様々なギャップがありますが、特に細かく連続した
ギャップを全く足回りで吸収できていなかった様に思えます。

私が助手をしている際に、時々広坂選手のマシンも見ていましたが、
最終コーナー→メインストレート→左奥ヘアピン   
真ん中奥のバンク→斜めストレート
という高速区間の細かいギャップが非常に辛そうでした。
マシンは常に跳ねており、それを無理矢理ねじ伏せているような状況でした。

それと、ジャンプを跳び切った後の着地も、マシンが一気に跳ね上がるような
感じで非常に辛そうでした。

この辺りはヨコモがどれだけ改善するのか、それよりも先にあのマシンは発売される
のか???個人的には結構注目しています。

国産マシンでは501X、D4に分があったように思います。
レーザーのプロトもソコソコ走っていました。
まぁ、パピディスのマシンしか見ていませんが・・・。

これらの国産マシンも良く走っていましたが、何より驚かされたのがXXX4でした。
今回の世界戦では一時代前のマシンとなってしまうのですが。。。
勿論、ドライバーの腕は桁違いなのですが、速いXXX4って格好イイ!!!と思いました。
でも、やっぱり自分はBJかな~。
[PR]
by super_okawari | 2007-09-21 00:13 | ラジコン

世界戦ネタ2 ~注目のNEWマシン~

4WDクラスで表彰台を独占したB44ですが、
現在BJ4WEユーザーである私からすると、あまり魅力の無いマシンでした。

というのも、ただ単にBJ4のプラスチックカーだからというだけでなく、
BJ4WEの一番の強みであった駆動系の強さがイマイチだと思ったからです。

BJ4では説明書通り組んでいればべべル関係のトラブルは皆無だったのに対し、
一里野で走っていたB44はジャンプの着地や加速時に

「パリパリっ・・・。」

という音が・・・・。

事実、J・TEBOも予選3R目(?)はベベルのトラブルで途中からスローダウンしていました。
彼らに聞くと、説明書通りの組立てだと言っていたので少し驚きました。
アソシの駆動系といえば、絶対的な信頼感があるものという認識だったので、
正直ショックです。

実際、B44の樹脂は相当柔らかく、足回りなんかはグニャグニャでした。
ミッションケースも見た感じ同じ樹脂だったので、この辺に原因があるのかも?
昔のアソシの樹脂とはエライ違いです。。。

今のところスリッパー調整の簡単さに嫉妬する位でしょうか・・・。

一応、BJ4WEとB44の違いについてJasonに聞いてみましたが、返ってきた答えは
「B44はBJ4のプラスチックカーだよ。正直、フィーリングは全く変わらないよ。」
との事でした。

MaIfieldにも一応聞いてみましたが、
「フィーリングは変わらないよ。調整穴の位置も同じだしね~。」
との事でした。

ちなみに、Cavalieriは
「同じ~。」
と一言・・・。

という訳で、俺にはあんまり魅力無ぇ~って感じでした。
[PR]
by super_okawari | 2007-09-20 22:28 | ラジコン

世界戦

毎度です。

無事に世界戦が終わりました。

2駆 予選71位 決勝72位

4駆 予選46位 決勝46位

でした。

2駆は大撃沈しましたが、4駆は本当に精一杯頑張っての結果なので後悔はありません。
むしろ、次への課題が見つかった満足感で一杯です。

しかし、世界戦は楽しい!!!

外国勢の強さ、速さも印象に残りましたが、彼らの親切さとプロスポーツマンとしての
意識が本当に身に染みた8日間でした。

どんなに忙しくてもファン要望には必ず答え、絶対に文句は言わない。誰に対しても
公平で、絶対に隠し事はしない。そんな姿勢に感動しました。

本当に参加して良かった!

関西勢の皆さん、現地で仲良くなった皆さん、遠くから来られた外国勢の皆さん、

本当に有難うございます!一生もんの思い出が出来ました!!!!!
[PR]
by super_okawari | 2007-09-18 20:13 | ラジコン