<< ばつろくさん10 ばつろくさん8 >>

ばつろくさん9

じゃ、次行ってみよぉ~!

頭がおかしくなりそふだ。

Fバッグの中身
f0052344_135616100.jpg


リアサスアーム ×2本
リアアアームマウント(トー角 3度&4度) ×1個づつ
サスピン ×2本
キャップビス ×2本
皿ネジ ×2本
鉄ワッシャー ×2枚
プラワッシャー ×けっこうな数

ユニバ&リアハブ&外側のサスピンはB4のものをそのまま流用。

ここからも地獄の作業である。

まずは恒例の剃毛バリ取りから。
f0052344_1359517.jpg


こういう「逃げ」を作っているのは優秀。今なら小さな事でも感動できる。
f0052344_140215.jpg


ユニバのシムは内側に1枚、外側に1枚入れる。
f0052344_1423195.jpg


ユニバをハブに組み込み、アームと合体させる。
f0052344_144390.jpg


出来上がりはこんな感じ。
f0052344_1442630.jpg


ではシャーシに付けてみる。
サスピンを通し、Cバッグで取付けたリアアームマウントの穴に優しく挿入。
f0052344_1484955.jpg

手っ取り早く言うと、B4のアームを左右逆に組んだ感じである。
f0052344_1418280.jpg


次に、リアアームマウントのトーインを決める。
私は少な目の3度にした。

このリアアームマウントだが、とんでもなくクリアランスの調整が難しい。
シブシブかガタガタのどちらかである。
何度組みなおしたことか・・・。
f0052344_14115237.jpg


やっと、ベストな位置が決まった。

と思ったら、マウントの下に入れるプラワッシャーが少なくて、リアスキッド大盛り状態・・・。
f0052344_14133290.jpg


私は基本的にリアスキッド少な目が好きな為、再度調整(半泣)
こんぐらいにした。
f0052344_1416045.jpg

横から見ると・・・
f0052344_14162259.jpg


これでFバッグが終了。

このマシン、ある意味「力技の応酬」である。

組立てにこれほどまで、根気、ヤル気、努力、腕力がいるマシンも珍しい。

ちなみに、過度な期待を抱くのは禁物である。

私が徳川幕府の要人なら、御禁制の品にしているだろう。

ではまた。
[PR]
by super_okawari | 2006-09-21 14:04 | ラジコン
<< ばつろくさん10 ばつろくさん8 >>